論文とかの話

卒業論文を書いている。
「90'sのロックミュージック」という感じの主旨で、
精神論は勿論、音楽の身体論なども絡めてみていくつもりだ。
(大風呂敷
来週月曜日には中間発表会がある。

教授らの専攻が言語学からサブカルなど、割と範囲の広い
学科なので、かなりナンデモアリなのだ。
といっても、僕より他にサブカルチャー的なものは
誰もやらないとは思うが。勢力弱いし。笑

僕は、「ジャパニメーションには東洋的な退行と進化による
補完が根差している」などと語り、研究室にはレスポールや
ヴァン・ヘイレンのヴィデオが置いてあるような、
アツイ教授に指導をお願いしている。

基本的に僕は、自分以外の人間はアレだと思って生きている
プライドの高いアホなのでアレなのだが、
彼と話していると、凄い人だ、といつも感心する。
単に頭が良いとかではなく、
「いかに根拠立てて関連付けて物事を見れるか」ということが
教授たる所以なのかなぁ、と思う。

まだ概要も出来てないンだけどNE!!!!


今日の自己逃避;
「エレファント」「シーサイド美術館」特撮。

地味だと思ってた新譜「夏盤」、これはこれでかなり
良くなってきた。流石。

六弦と試聴談義

・とりあえず、極力触るようにしているレッドギター。
コードの載っている歌本を読んで弾いてみると、
前よりは運指が早くなっている。
まだ止まるけど、そういうのが嬉しい。
ちなみに練習曲はスピッツの「冷たい頬」と
黒沢健一の「WONDERING」。

ていうかみんなが僕のGを馬鹿にするんですが。笑
Dに行きやすいのに!!!

結局何をしてても、音楽さえあればいいのだ。
最近はそんな気がする。


・これからリリースの新曲の試聴。
;YOSHII LOVINSON「トブヨウニ」。

イイ…
作風的には前のアルバムの延長っぽい感じ、
でもなんというか…美メロ創るようになりましたね、
吉井さん。
cwの「BLOWN UP CHILDREN」「HATE」などは
ぱっと聴きで歌詞さえ素晴らしい予感。楽しみ。

;小松未歩「砂のしろ」。
最近シングル(むしろcw)が恐ろしいほどの出来が
続いているので期待の彼女。
今回のはといえば、アコギをフィーチャーした
小気味良い速度のメロウなポップスで、かなり良さげ。
楽しみ。

;岡村靖幸「ミラクルジャンプ」。
いや、カッコイイ。
こういう時他に言葉が出ないのは本当にもどかしいが、
まぁいいか。ファンキーです。笑
cwの「ア・チ・チ・チ」もあの吃音フェイクバリバリで
素敵な感じ。今年中に出るというアルバムは本気で入手。
楽しみ。


安いなぁー、我ながら。

終わる事など無いのだと強く思い込んでれば

・公務員学校に行く前に、早めの昼食をとりながら
スピッツの「ソラトビデオ2」を観ていたら、
スピッツが激しく聴きたくなり、CDケースに
「フェイクファー」を入れて出る。

いやー、素敵なまでに雲のない夏空が似合うような
似合わないような(笑)。
でもやっぱりいいアルバムだなー。
思えば高校生の時からずっと聴いている。
神の曲「楓」を挙げるまでもなく、名盤。

・今日はサークルの呑み。
6〜8月の誕生日の人たちを集めて呑むという趣向である。
繁華街の小洒落れた飲み屋。
何気に気の合う人たちは多く、朝が来るまで
7〜8時間は呑んで語った。
といってもバンドサークルだから「最近何聴いてる?」とか
「メロディー作るの難しいよね」とか、そんなのばかりだ。

コンビニで果汁百パーセント呑んで、
体内の酒精が下がるまで駄弁る。
情報誌に岡村靖幸がトップで載ってて、
素晴らしさを一人で熱弁していた。

しかしこんな感じで音楽が無かったら、ホントアレだな。
僕の大学生活は。
改めて痛感した。

・気付けばもう、船の始発が出る時間。
歌の歌詞とかに出てきそうな紫色の夜明けの桜島を観て、
晧々とミルク色にゆらめく海を渡って帰った。
何回も経験したような、でも本当に大事な時間。


;「フェイクファー」スピッツ

電化の暮らし

・夜。
バンド練習帰りに親にメールを送ったら、
「軽食用意しとくから」と返信。
軽食、という言葉の語感が好きだ。
ご馳走、と書かれるより好きだ。(意味不明

・「アリアハン」のメロディーが、やっと固まった。
一番最初に出来た曲なのに一番時間がかかったが、
かなり良くなったと思う。
メンバーにも珍しく褒められる。笑

・サークルの後輩からDVDマルチドライブを譲ってもらった。
あっちのバンドのアレなPVやらが結構貯まっていて、
CD-Rでは収まらなくなってきたのもあり、
購入を決意したのだ。

アプライドにメディアを買いにゆく。
…ってか種類多すぎ。
そして高い!

安いのを買う。

いやー、しかし便利だね。

・サークル棟に撒かれていた、学生新聞。
毎回若さあふるる穿った内容で笑わせてくれるのだが、
今回も凄かった。

前、僕が日記で予想した通り。
いかにもあのサセボ・マーダーに便乗といった風の、
ネット・ゲーム批判が繰り広げられていた。
時代錯誤も甚だしい。
分かり易過ぎます。
だから、「ボタン一つで人が死ぬ」って、どんなゲームよ?
これも前に言ったが。
もう最初から「悪」なんだなー、ああいう人たちには。

きっとゲームとか(ロック的な)音楽とかで、
感動…とまではいかんでも、バカな時間を過ごして
楽しんだこととか、ないんだろうな…

むしろ、哀れだ。


今日買ったの;
・「Wonder What's Next」Chevelle。

シェヴェルと読む。シカゴ産。
スリーピースにしてはかなり重い。そして暗い。
まぁモダンヘヴィネスのくくりになるんだろうけど、
一歩間違ったらグランジにもなりかねないような
ポップさが、意外と良い味を出している。

・「RIVER」Izzy Stradlin。
説明不要;元GnRのメロディーメイカーのソロ。
かなり、いい。
もうなんというか、ロック好きなら嫌いなはずがなかろう!!
という感じのブルーズでラケンローなアルバム。
いい。

・「the more things change...」Machine Head
メタルやらヘヴィロックやら、器用なバンド。(笑)
97年のこのアルバムだが、まだ今ほどモダンヘヴィネスが
うるさく言われない頃に、この作品が出ているのが恐ろしい。
素晴らしい先取りミクスチャー感覚。
ラップもスラッシュもハードコアもありのステキアルバム。
普通に今のバンドより聴ける気が。

サーバーオーバーファックオフvol.2

高速道路で豚が暴走したニュース。ありましたよね。
なんかこう、今井寿あたりが喜びそうな題材ですね。
「鈍足で逃げ出せキミはPIG on HIGHWAY」みたいな
歌詞で。(何じゃそりゃ