俺アワード2016

◆第一生命 ブライトMyWay(Rap:遠藤遼一

黒王は彼で。エンズだし。(死んでません


◆ようやく等価になりつつあるルヴァンクラシカルはしかしナビスコプレミアムとは似て非なる。けしてまずくはねぇが。新形状で四隅が欠けないのは評価するが。パッケージが革命的にダサいのは評価も擁護もできないす。


◆はてさて、押し迫ってまいりましたね。今年は色々ありました。人生が変わりました。とはいえ人間は相変わらずであります。仕事も相変わらずであります。いかに服務中とはいえレディオから井上昌己の純心とか流れてきたらシンガロンせざるを得ない(心の中的な意味で)ですよね。蛹化の女の時はとうとう心に押し留められませんでしたが。

というワケで(?)毎年恒例、腐った好みの音楽好きの指標を示す(?)俺アワードの季節ですね。16’発表の音楽作品の…こんなに音楽聴かなくなると順位とかはなんかもうナンセンスなので単純に聴いてた五枚をば語るのでシクヨロ。全部良いのでチェケラ。


宇多田ヒカル『Fantome』
この俺様ちゃんが彼女の新譜を心待ちにする日が来ようとは。だが実は前作HSくらいから好きになる要素は今から考えたら余裕で在った。人間の日々をザックリと歌う名盤。


岡村靖幸『幸福』
五十路の拗らせDTゴッド健在。どんなに再逮捕されようと再評価されようとこの御方の御闇は永遠に変わらないのだろうなぁ。だが、それがいい。ライブも腹一杯でありました。


特撮『ウインカー』
なんかもうつくづく素晴らしい。ナッキーの艶のある爆音がいよいよあらゆるロックをクロスオーバーしはじめたオトナなTKSTサウンドは勿論だが、オーケンの(シャウトや音波でない)歌唱力そのものに酔える日が来ようとは。筋少も再結成からして既に10イヤーズだが、全然ダサくならないバンド。


ワルキューレ『Walkure Attack!』『Walkure Trap!』
ワルキューレ全部。マジで全部。BOX買うレベルで本編にも劇場版にも相当入れ込んだ前作のFになら故無きことではなかろうが、大して観てもいないアニメの曲にここまで心揺れるとは。王道アニソンの乱打に死んだ一枚目のアタックも素晴らしければ、J-ROCKの重鎮が隠れ住まいつ暗躍する2枚目のトラップにもまんまとハマりました。いい曲ばかりなんだよコレがマジで。アクシア(大切なもの)。聴け。
◆俺史上、本当に色々あった年だった。しかし苦悩の時にも選択の時にも決断の時にさえも、やはり僕の傍には音楽があった。


ありがとう、音楽。来年も、よろしく。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL