マムガシッカー

◆今日の結論;キャスマイは汎用殺人兵器
クるのは間違いなくクるんだが、あまりの口当たりの良さにぱっと吸い1mgくらいにしか思えん…。パチンコで獲得したものの気に入らなかったらしい上司から半ダースももらった。笑 一箱あればいいから、あとはおじじにあげよう…。


◆最近車の中でなぜかジャミロクワイの「シンクロナイズド」ばかり聴いている件について。ダンッ(ス)!! そういや高校の時にJKフリークのお友達が居たが彼は元気なのだろうか…などと昔の事ばかり思い出す。


◆最近読んだ漫画。
ボーイズオンザラン・9巻
DMC・5巻
ハレグゥ・7巻
文庫ジョジョ第五部・ラスト二冊

ボーイズオンザラン、これどうやったらあと一巻で終わるのか。DMCはさすがにテンションを落とした感はあるが、それでも笑える。ルリン。ハレグゥは相変わらず面白いけどかなりヤンガン寄りになってきた内容にどうかと…。ジョジョ、ラストが宗教的なまでにディ・モールト難解だと思うのは私がド低脳(orクサレ脳ミソ)だからでしょうか。誰かオチを教えてください。5/20はナランチャの誕生日。


◆これまで生きてきて最高の負の疲労期間。拘束時間以上に、よく分からない精神の重みを感じる。死ねる。


♪「ATTACK」SYSTEM OF A DOWN
これのコピーを30分で仕上げたコンセントレーションが今欲しい…

若杉公徳【デトロイト・メタル・シティ】

◆クラスヌ行きたかったなぁぁ。
関係者様、ごめんなさい。笑


◆腹いせにカンニバル・コープスの新譜「KILL」(なんつータイトル)を聴きながら。
1曲目からその名もステキ「The Time To Kill Is Now」!!
トイズ的に言えば「殺戮の時は来たれり」みたいな感じでしょうか。
凄過ぎる。まさにカニコークオリティ。意外とさらっと聴けるし。


◆聴きながら、最近話題の漫画「デトロイト・メタル・シティ」を読む。
おしゃれ音楽が好きなバンドマンだがその手の音楽には全く才能がなく、
才能があるのは何故かデスメタル、という主人公のデスメタルストーリー。
漫画だからその音は分からないにしても、
歌詞的にはピュア・デスメタル(「ゾンビが死肉を貪り〜」的な)という
わけでもなく、むしろ殺害塩化ビニール系(ハイテクスーサイとか猛毒とか)の
感じに近いノリ。だから非メタラーにもウケているのだろうが。
まぁ確かに面白いよ。「メス豚交響曲」とか。笑
下半身さえあればいい!!

しかしこれは稀に見るアホマンガですね。
作者は何気に渋谷系と見た。
「サジヒデキ」とか「東京はまだ夜の七時〜」とか、
メタルに対比して描かれる音楽像はもうリスペクトというか
オマージュというかむしろパクり。
あと少し、メタルに蘊蓄や愛情があったら神だけどなー。笑
まぁあんまりデスとかブラックとか事細かに描かれても
面白いかどうかは別ですが。

うん、寛容なメタラーは読め。笑

高橋ツトム【鉄腕ガール】

学校もないしバイトは夜からだしで、暇。
弟の蔵書を漁っていると、面白かった「鉄腕ガール」。
あっという間に文庫本5冊読破したよ。

戦後日本の混沌期に、女性プロ野球チームが結成されるのだが
主人公の強烈な気質のために、国をも巻き込む騒動が勃発しまくりと
いう歴史異端屈折スポ根漫画。
加納トメ、かっこよすぎ。
こういう強い女性が活躍する話は好きだなー。
「スカイハイ」とかは全然読んだことないのだけど、
興味が出てきたよ。絵も素敵だしね。

ところで作者はなんかギタマガとかその手の雑誌にも載ってたね。
薀蓄のある人なのかしらん。

木尾士目【げんしけん】

◆久し振りに「おもしろい!」と思った漫画。アフタヌーンに連載中。
大学のオタクなサークルのオタクな部員が繰り広げる、オタクな日常。
これが、まぁ普通っちゃ普通なのだけど、面白いのだ。

オタク的なネタを散りばめるだけなら、面白いは面白いがありがちな
内輪的成年漫画になってしまうのだろうが、
「げんしけん」の面白いところは、「美男のオタクに惚れた非オタク美女」
というキャラによるノーマルな視点を取り込むことで、
うまくヲタと非ヲタのバランスを取っているところにあると思う。
このキャラの力は大きい。単なるオタクの内輪ネタも、相乗効果で面白くなる。
というわけで、なんか非常にリアルな漫画である。笑

…しかし、これは似ている。
ゆうきまさみの迷作学園コメディ、「究極超人あ〜る」に。
下手したら、『どこが面白いのか分からない』と読者に思わせてしまう
あの普通かつ、微妙な空気が、激似。笑


◇今日のBGM;「Sad Statue」SYSTEM OF A DOWN
スレイヤーばり。
1