another side of 17/06/18

一般(?)向け感想、以上。検索ウケを狙ってたまには真面目に書いてみますた。後は好きに語ります。笑
続きを読む >>

上杉昇「SHOW WESUGI 25th anniv. LIVE black sunshine Φ」@都久志会館 06/18

上杉昇。元WANDSのボーカリストとして、アラサーの良心的音楽リスナーならばその名を知らぬ者は皆無であろう。ましてや僕のような雑食の音楽ファンにとっては、彼はまさしく神の如き存在のシンガー。彼をはじめ黄金時代のbeingミュージシャンたちからロックの洗礼を受けた、僕のようなものにとっては。

大衆向けのポップスと己の求める音楽の間で砕かれた魂が哀しくも煌めくWANDSの"PIECE OF MY SOUL"('95)、脱退後の本領発揮な世紀末オルタナティヴ、al.ni.coの"セイレン"('99)。ロックとしてのベクトルこそ異なるが、この2枚の名盤はリアルタイムで触れた十代の頃からいつも僕の心の側にあった。

そんなロックの求道者としての彼に憧れ、その後の活動もそれなりに追っていたファンからすれば、ピアノとギターとストリングスのアレンジという今回のライヴスタイルは意外といえば意外ではあったけれど、YouTubeに上がっていた動画を観、あの頃と変わらぬ声の存在感に参戦を決めたのだった。

あの艶、あの歪。やっと触れられた。この声である。オープニングであったal.ni.coの名曲「prayer」からその圧倒的な力は存分に披露されたが、それ以上に驚いたのはアレンジのオリジナル感。WANDSのそれにしろ、歌唱は勿論のこと名手gt.柴崎浩の手癖やノイズすら可能な限りに再現されていたように感じた。数々のバンドでその辣腕を振るう友森昭一氏の力もあろうが、そんなわけで想像よりは破壊的ではなかった厳かなステージングに、僕より上の年代の方も多かった観客たち各々の二十数年に積もり積もったノスタルジーは、否応なしに蔓延する。

それを知ってか知らずか、彼のキャリア中でも比較的ダークサイドな選曲で公演の進む中、「俺が昔演ってたWANDSって知ってる?」などという戯けたMCから披露されその日一番場が沸いたのは−−やはりと言うべきか−−旧い名曲「星のない空の下で」、ではあった。けれど。会場限定シングル収録のカバー「アンダルシアに憧れて」の伸びやかな歌唱にも感じるが、彼の声はポップスにも確かに非常に合うのだった。彼の崇拝するであろうアクセルとカートのいいとこ取りとも言える、類稀なその美声は。

あの頃のように静も動も歌い熟す声の力、それが今でも彼の愛される所以であろう。名演でした。
--------




順不同セトリは愛の順。一曲分からない日本語歌詞のものがあったなぁ。
続きを読む >>

岡村靖幸SPRINGツアー2016「幸福」@ZEPP FUKUOKA 04/09

稀代のシンガーソングライターデェンサー・岡村ちゃんを拝みに生年34歳が聖衣を身に付けやってきた会場はなんだか寒々しく見えるツェップ福岡。なんでも鷹街が再開発されるらしい。ハードロックカフェが白い壁で覆われた様はとても寂しいものだった。かつてカスケードやスリップノットをミニキタ・モンダッタ。お疲れ様。つーかツアー初日だと当日に知ったよベイベ…

幕の襞が揺れる15分押しの中、トップチューンはやはり「できるだけ純情でいたい」。そうだ、俺は踊りに来たのだよ。想像通りのアウトロデェンスにガッツポーズ。新譜を中心に有名曲も見事に今風アレンジする一人リミックス劇場。なんでみんな子供産まない!子供産め!などと政治家が叫んだら失脚モノだがそこは岡村ちゃんであった。しかしダンスチャンスロマンスだから岩崎宏美かというツイートがなくて安心した。(弾き語り的な意味で

閑話休題。バンド紹介を挟んだとはいえ最早五十路のオッサンが歌って踊って三時間とは、やはりこのお方どこまでも神である。しかしその神すら未だに俺と幸福の意味を調べようよベイベ…などと仰る。愛されていたいならば。どうすればいいのですか。神のように背も高くないし曲も作れないし踊りも上手じゃないしましてや革命など起こせない我らには、きっと答えなど見つからない。

しかし神は同時にグレートエスケープをもくださる。今回名曲"SUPER GIRL"で意外な程に繰り返された有名過ぎる「本当のダンス・チャンス・ロマンスは自分次第だぜ」のフレーズ。ああ、そうはないはずさ。それでいいのですよね。貴方となら何処までも調べるぜベイベ。俺を襲う不可能に不能感に必ず殺すと書いて必殺キックするぜベイベ。

名演。ひろいものセトリは以下。↓
続きを読む >>

スーパーアニソンフェス りなメロ♪ Vol.2 ∞ unLimited@リナシティかのや 01/11

◆前日なのにA席買えたし…地元でダニーとミッシェル聴けるとかなんなの? スター輝く星なの? つーかスター輝く星→田中神→ウィーアーって時期的にありそうな流れならサクラが出世作ってことよNEダニーさん…ドゥフフ…


◆などとどうでもいい妄想がデフォルトでスキルマイハートなヲタオバサーならまさに開催前日にポスターを発見しても狂買するくらいのこのイベント。KNY市はもっと広報すべき。こんな面子ここじゃそうそう観れねぇぞ。そら姫も彦も良いですがな。(未来的な意味で


◆閑話休題。愚弟を召喚し観戦に。仕事などでもよく訪れている会場だけに、ここでンな祭りが催されることに非常に違和感だったのだが。始まってしまえば以下である。

123shine4we5
10年後の貴方を
翼は天を翔ける
夢の国を探す君の名を
ハチャメチャが押し寄せて来る
抱き締めた心の小宇宙
誰もが羨むこのパワーと美貌
探し物を探しに
天使の羽そっと抱いて
Sparking!
魂狩(全員)


何はともあれ奄美とか喜界とか鹿児島が仕事始だったらしいミッシェル様の存在感よ。とりあえず生でセイヤコールとゼットコールできただけで満足でした。神VS神。ダニーさんはあの見た目で年男とは思えぬイケメン。つくづくヒロノブさんと周波数が似ているよね。米倉さんはあんな小っこい人だとは。音源の印象でもっと繊細な歌い手なのだと勝手に思っていたけれど、とてもパワフルな歌唱であった。まあ賢明な読者様ならこの謎羅列でさえ超垂涎であろう。コラボ選曲がなんだかマニックでよかったな。ダニーと米倉さんのペガサス幻想(恐らくオメガVerの音源であった)と、米倉さんと佐咲さんのGet alongな。4人の中で唯一事前に存じ上げなかったこのお方、芸歴は長いお人なのね。新曲が素敵でした。同い年でヲタというwiki情報が本当ならスレイヤーズは確かに避けて通れぬ道でありますな。口上付きの愛。リナだけに。(うまいことを言ったつもり

ええ、素晴らしいカラオケ大会(悪意無し)でした。ガガガ王も興味津々だったらしいこのイベントの流れでJP全国行脚に緊急来鹿とかいう奇跡が起こらないかと、今から激しく期待しています。Hotto Motto! あいや間違えた…Motto Motto!!

第30回国民文化祭・かごしま2015 市民ミュージカルの祭典「花いくさ」@鹿屋市民文化会館 11/09

飲み屋のあんちゃん端役じゃなかったやん…めっちゃ写真付キャストだったやん…。言葉も少ないオリキャラだったが、それ故の存在感でしたぜ。

そんなワケで(?)、友人が音楽監督をつとめた舞台の感想を綴る。とりあえず偉大な方なのでウィキれ貴様らT氏です。国文祭の名のもとに県内何処彼処で行われる文化的催しの一つに彼が絡むと聞き、俺は暫く前から楽しみにしていたのだった。

俺の人生に於いて「観劇」という行為は恐らく初だった。映像にしたってそれこそ彼から布教された俺の属性の一つであるサクラ大戦のものくらいしかない。もっと言うと今年、初めてのライヴ観戦でもあった。今年は色々あったものね。輸送とか異動とかSA。

閑話休題。劇場は奇しくも一回りも前の昔、俺がニアムを響き鳴らしたりタクトを振り回したりしていたその場所であった。こんな因縁の(?)場で一回りも前の昔から俺の中で尊敬すべきミュージシャンである彼がバンマスを殺るのだなぁ、と思うと感慨深いものがあった。今に至る俺の一部は、間違いなく貴方が作ったものだから。思い出に寄り添う俺。Time goes around。

更に閑話休題。以下ショウに対するマトモな感想。原作をうまく端折りつつ、ラヴ&ヒューマンストーリー的要素と地元愛を加味して構成した優等生な感じに個人的には感じました。彼も宣っていたが、田舎町の市民ミュージカルと断ずるにはレヴェルもエンタメ性も高いステージでありました。みんな歌うめぇなしかし。まぁミュージカルなんだしそれは当たり前なんだろうが。笑

以下ショウに対するマトモでない感想。申し訳ないが俺は音楽メインで観に行ったので例によって言語の崩壊は堪忍してほしい。愛ゆえにパンピーにはアレすぎるので続きへどうぞ。
続きを読む >>