俺アワード2016

◆第一生命 ブライトMyWay(Rap:遠藤遼一

黒王は彼で。エンズだし。(死んでません


◆ようやく等価になりつつあるルヴァンクラシカルはしかしナビスコプレミアムとは似て非なる。けしてまずくはねぇが。新形状で四隅が欠けないのは評価するが。パッケージが革命的にダサいのは評価も擁護もできないす。


◆はてさて、押し迫ってまいりましたね。今年は色々ありました。人生が変わりました。とはいえ人間は相変わらずであります。仕事も相変わらずであります。いかに服務中とはいえレディオから井上昌己の純心とか流れてきたらシンガロンせざるを得ない(心の中的な意味で)ですよね。蛹化の女の時はとうとう心に押し留められませんでしたが。

というワケで(?)毎年恒例、腐った好みの音楽好きの指標を示す(?)俺アワードの季節ですね。16’発表の音楽作品の…こんなに音楽聴かなくなると順位とかはなんかもうナンセンスなので単純に聴いてた五枚をば語るのでシクヨロ。全部良いのでチェケラ。


宇多田ヒカル『Fantome』
この俺様ちゃんが彼女の新譜を心待ちにする日が来ようとは。だが実は前作HSくらいから好きになる要素は今から考えたら余裕で在った。人間の日々をザックリと歌う名盤。


岡村靖幸『幸福』
五十路の拗らせDTゴッド健在。どんなに再逮捕されようと再評価されようとこの御方の御闇は永遠に変わらないのだろうなぁ。だが、それがいい。ライブも腹一杯でありました。


特撮『ウインカー』
なんかもうつくづく素晴らしい。ナッキーの艶のある爆音がいよいよあらゆるロックをクロスオーバーしはじめたオトナなTKSTサウンドは勿論だが、オーケンの(シャウトや音波でない)歌唱力そのものに酔える日が来ようとは。筋少も再結成からして既に10イヤーズだが、全然ダサくならないバンド。


ワルキューレ『Walkure Attack!』『Walkure Trap!』
ワルキューレ全部。マジで全部。BOX買うレベルで本編にも劇場版にも相当入れ込んだ前作のFになら故無きことではなかろうが、大して観てもいないアニメの曲にここまで心揺れるとは。王道アニソンの乱打に死んだ一枚目のアタックも素晴らしければ、J-ROCKの重鎮が隠れ住まいつ暗躍する2枚目のトラップにもまんまとハマりました。いい曲ばかりなんだよコレがマジで。アクシア(大切なもの)。聴け。
続きを読む >>

50 Songs O' Mine 2016

今年俺の心を彩った50曲。俺アワード2016への布石です。無論今年のじゃないのもあり。 無論順不同敬称略でございます。チェケ。




--------
01.まかせて★スプラッシュ★スター - さかもとえいぞう
02.愛のプリズン(特撮ver.) - 特撮
03.愛はおしゃれじゃない - 岡村靖幸w小出祐介
04.Survivor - BLUE ENCOUNT
05.Raise Your Flag - MAN WITH A MISSION
06.フェアリーテイル〜約束の日〜 - 米倉千尋
07.Rojo-Tierra- - 中森明菜
08.Dead Eyes See No Future - Arch Enemy
09.黒猫〜Adult Black Cat〜 - Acid Black Cherry
10.僕はきっと旅に出る - スピッツ
11.少年(黒夢) - abingdon boys school
12.12月の風になりたい - ZIGGY
13.Micro Cuts - Muse
14.Scalding Hail - Cannibal Corpse
15.Love Is Lost - David Bowie(R.I.P)
16.Sky Should Be High - 橋本直樹
17.DEVIL’S WINGS- BUCK-TICK
18.Policy Of Truth - Depeche Mode
19.I LOVE YOUR SOUL - NONA REEVES
20.Preserved Roses - T.M.Revolution×水樹奈々
21.セブンとデート - 天野月子
22.麒麟 - 陰陽座
23.Of Dark Blood And Fucking - Cradle Of Filth
24.Joyful Girl - Soulive
25.真夏の通り雨 - 宇多田ヒカル
26.The Midnight Carnival - 石渡太輔
27.ワイルドローズ - May'n
28.THIS SONG - 黒沢健一(R.I.P)
29.Kick The Chair - Megadeth
30.もはや君なしじゃ始まらない - T.M.Revolution
31.GAME - 浜崎あゆみ
32.I Like Girls - Sparks
33.夕立ち - スガシカオ
34.Sexy Motherfucker - Prince(R.I.P)
35.最強の栄光 -バトル2〜七英雄〜四魔貴族バトルメドレー - 伊藤賢治
36.カマキリ(黒夢) - THE 冠 feat.KAZ
37.芳一受難 - 人間椅子
38.The Right Stuff - Dead Or Alive(R.I.P)
39.Broken English - SCHAFT
40.恋 - 星野源
41.Insane - KoRn
42.Peepshow - minus(-)
43.週替わりの奇跡の神話 - 筋肉少女帯
44.Guardian Angel - Juno Reactor
45.The Sadness Of Things - 森岡賢(R.I.P)
46.SAME OLD SHIT! - Lacrimal Christi
47.GOUNN - ももいろクローバーZ
48.The Last Fight - Velvet Revolver
49.僕らの戦場 - ワルキューレ
50.It’s A Beautiful Day - Queen
--------
続きを読む >>

Your Name Is Funky.

プリンス、急逝。ペイズリーパーク スタジオの自宅で (BARKS)

超久々の平日休の惰眠明けにテレビをつけたらこれであるよ。よりによって前の後にこんな思いもよらぬことを語らねばならぬとはよ。つくづく「さん」付けが似合わないお方ですことよユアマジェスティ。むしろ呼び捨てにして欲しいですわよ。

閑話休題。岡村ちゃんからの数珠を繋ぐまでもなく、彼のファンキーな音楽は洋楽ビギナーを黄金の体験で容易に奴隷にしていた。このお方だけはどんなご老体になっても仙人のように演り続けていると思っていた。同期のMJも少し前に旅立った今、後は同じく同期にしてラスボス(?)の魔女ルイーズ・ベロニカ・チコーネさんを残すのm (滅多なことを

更に閑話休題。"Rest In Purple"とは、あちらの方はうまいことを言う。不出世の王子様、永に紫の雨の中で。HAIL 2 U。

陰祭り

◆好きなアーティストが好きなアーティストをディスってるのは気分良くない。思ってても黙っててほしい。陰でやれ。誰の話ですって?


◆来月の岡村ちゃんの往路と御宿を無事に確保。某悪友もフリークの連合と参加するとか。精々祭りのアレを詰めさせてもらおうか。ドゥイッ!!(それをやれ)


◆”the midnight carnival 紅"とか検索したら考えてることは皆同じ。名曲だけど嵐吹くこの街がお前を抱く感パネェ。混ぜるなパネェ。そんなワケで(?)改めてGGXXのサントラを入手したのだった。X(JAPANじゃないよ)自体名曲ばかりなので生なら尚更。イイネ!! ゲーマーとしては当時XXの時点ですっかりもう降りていたから知らなんだが、キワいキャラのハズのザッパ曲がヘッコ感ありすぎて噴いた。つーかドラム梅澤さんだったのかよ…アニメトゥ…

閑話休題。GGといえば喫緊こんなイベントこんな結果も。ボーカル曲最高位は(本編不登場の)パンピーおっさんかー。いやまぁアレは全部ステキソングですけどNE。しかしカイ曲の人気の高さに何気にイイ場所のエル曲(メロハー)に緑川曲(プログレ)よ。どっちも生で超聴きたい。だがXrd最強曲は鋼鉄の百合(メロスピ)だと申しておろう…!!(圏外

そういやレヴェレーターおうちVerの楽天特典のEdyに草生えたし噴いた。そっちかよ。ああ、だがこんな駄弁りが欠片ほどでさえも。

続く。

幸福と自分の意味

◆白金の夜明け+2枚同時リリース→ダブルプラチナム(KISS)


◆先日手に入れたキャリバン普通にかっこいいけどビョークのアーミーオブミーがさらっと入ってて噴いた。カーカス(ミックス)のイゾベルといいビョークってなんかメタラーにクるんだろうか。(含俺


◆メタラーといえば元パンテラのフィリップ・アンセルモ、人種差別的発言について謝罪の動画を投稿

いやしかしあれだけお前はゲイとか陶芸家はゲイとかインターネットはゲイとか叫ぶレイシストメタルバンド(褒め言葉です)に嬉々として客演してる方に今更…。ホワイト・トラッシュ!!(もちろん白ワインの意味です)


◆新譜効果か最寄のデスカウントストアですらも彼氏になって優しくなってが流れてき口ずさむ終業後。んなわけで取っちまいました。四月だ。ゼップベイベッ!!

んなわけで(?)岡村ちゃんの「幸福」がよいのである。いきなり濃厚な岡村R&Bで幕を開けるものの、ポップな既発シングルsの印象でなんだかさらりと聴けてしまう。しかし本当踊れる新譜だ。名曲揃いのシングルは言うに及ばず、#1の静けさの割にクドいアウトロは音源こそF.O.だがライヴでは回し栄えしそうだし、昨今のダンスフロアへの岡村ちゃんからの回答とも言えそうなエロファンク「ヘアー」のビートもカッティングも恐ろしくカッコイイ。しかしタイトルを考えると本当ジャケットがなんかゾワッとする。いい意味で。前作ミイミからは最早11年という恐るべき事実。俺学生時代初回盤で買ったなあこれ。あのファーリーなジャケのやつ。多分22歳。本当プレミアムな場所で観れたライヴからは四年半振り。その五年後のこの頃に俺がまさか。どうかしてるよ。どぉなっちゃってんだよ。

まぁ、色々と潮時だ。楽しむべ。