『VUCK-OFFF』#008 - PENICILLIN『UNION JAP』

◆月を改めるのと同時に襲う寒波にとうとう掛布団と熱技着を解禁する。超早朝の柚子湯と露天湯でふやけた平日休、実家から芋餡と黒餡を下賜られた。何に錬成すんべか。パンではベタだな。パイか。パイシートか。また男子力が下がってしまうではないか。(今更


◆そんな日のブックオフで買えるV名盤・ことバクオフ、第八回。二年半振り。まぁ誰も待ってないので好きに書かせてもらうッ!!

『UNION JAP』PENICILLIN (‘00)
難度・D。容易。

90年代後半から聖飢魔IIにかけたヴィジュアル系ブームの隆盛そして失速。そんな中で+αのないバンドはどんどん淘汰されていったが、+αのあるバンドはその個性を殊更に強調することでしぶとく生き残り、魅力的な作品を残していった。月海が終幕するミレニアム(懐かしい表現だな)にドロップされたこのアルバムも、そんな作品の一つである。

有名曲「ロマンス」を収録した出世作扱いでありながらドラク○エに多大なるオマージュを払ったバカ曲(褒め言葉)「そして伝説へ」なども同時に収めた意欲的な前作「Ultimate Velocity」、この時点で所謂ありがちなヴィジュアル系としての要素は消え…てはいないがそれ以外が濃くなりすぎ結果薄まったPENICILLIN。このアルバムでは主に歌詞の面で更なる本性(?)を表している。ぱっと見すわカップ麺かなどと思いきや普通に天に帰ったあの方のパラレルファイトサーガ「UFO対ラオウ」、P版「おもちゃやめぐり」と言えなくもない珠玉のラヴソング「ウルトライダー」、歯の根も凍る歯歯医者…もとい支配者の恐怖を描くインダストリアルロック「BIO COMMANDER」。などに色濃いHAKUEIの(彼が同時進行していたユニットmachineのそれにも見られる)漫画やアニメなど日本男児として避けることのできないトラウマをユニークにしかしストレートに描ききった諧謔としかし信念のリリック。コテヴィ時代から「男のロマン」などというアホ曲(あくまで褒め言葉)をアルバムのオーラスに持ってきていた彼らならではのヲタク的ユーモアがよりメンバーのルーツに沿った感のある脱V的サウンドとも相俟って、最も(個人的に)輝いていた頃の名盤である。

新世紀の中でギショーさんは引退したが月海は何気に復活したしスリーピースなペニシリンも未だに良い意味でサヴァイヴしている事実から鑑みるに、やはりこのアンバランスなダサカッコよさが彼らの彼らたる所以であり、現在まで愛されている最大の魅力なのであろう。愛に気づいてください

『VUCK-OFFF』#007 - 黒夢『DRUG TREATMENT』

◆シーワイヘッドは未だにふとした時に脳内で流れるわー。プラスティック!!(プラスティック!!) (前フリ


◆メンスン閣下の新譜が意外と良い。オサレインダス。前々作前作でもうほぼ0になっていた期待故の反動かもしらんが。#11、「MURDERERS ARE GETTING PRETTIER EVERY DAY」 で久々に彼の音楽にガッツポーズした僕みたいなファン、多かろう。きっと。笑


◆年度初の平日休。

部屋を掃除していたらまた模様替えがしたくなり、リンガーで腹を満たして地元の温泉に入った後にNSMTへ家具を見繕いに向かえば、店内BGがSMOKE ON THE WATER(アレンジ)のあとにYOU COULD BE MINE(アレンジ)。すわ今日に限ってヘヴィメトゥデイかと思う間もなくLET'S GO CRAZY(アレンジ)のあとにSHE BOP(アレンジ)…。有名曲と括るにもなんだかななセレクチオンよね。


◆やっぱ色々捨てたりなしたりしてからだ、と思い立ち結局不買。そんな日のブックオフで買えるV名盤・ことバクオフ、第七回。

『DRUG TREATMENT』黒夢 (‘97)
難度・E。投売。

黒夢、SADS、清春ソロ。そのキャリアにおいて幾多の名盤が残されているが、難しい。選ぶの難しい。僕と同じくらいの歳のVスキーになら理解してもらえると思うが、清春をXやLUNA SEAと似て非なるV系のオリジネーターと見るか、Vも含む時流のロックの把握に長けたミュージシャンと見るかで…この選択は恣意的になってしまうからだ。まぁでも今回はネタがこっちなのでこっちね☆(超適当な選択

先程挙げた後者の視線ならば間違い無く、無期限活動停止前ラストアルバム「CORKSCREW」を僕は見初めるのである。例えばSADSなら前者は2nd「Babylon」、後者なら1stか3rdで甲乙付け難い(個人的には3rd)。お分かりだろうかこのフィーリング。閑話休題。そのSADSの1stにも通ずるストレートすぎるほどストレートな、しかし何処か湿ったパンクロックの螺旋打撃は、本当にクールだった。そういや最期の体育祭で後遺症がBGでかかって燃えた。(蛇足)

しかし。雑誌で『hed(pe)がマイブーム☆』とか言ってた(と記憶している)当時の清様、その手の味付けをふんだんに取り入れ、第二次ブームを迎える直前の”オカマ野郎”どもを痛烈かつ糞味噌にHateしつつ放ったこの「DRUG TREATMENT」、確かにミクスチャー的でもある。確かにパンク的でもある。だがしかし。やはりこれもやはり、確かにヴィジュアル系なのである。プリンヘッドに近いパツキンと白いラバーソールを流行らせた貴方は、確かに。

まぁ無論それは音楽の完成度とは全く関係の無い話。清春のような天邪鬼なロッカーにしか創り得ないロック・ミュージックであることは事実。モダンでヘヴィな「MIND BREAKER」、歌詞が痛快なoiパン「C.Y.HEAD」、ライヴヴァージョンが非常に淫猥なエロス曲「LET’S DANCE」、メロディック黒夢の白眉「NEEDLESS」、未だに歌い継がれる名曲「LIKE @ ANGEL」等――V系耐性のない人には次作より奇形に映るのかもしれないが――、表裏一体の劇薬にトリートメントされる名盤であることは、事実。

『VUCK-OFFF』#006 - La'cryma Christi『Lhasa』

◆上空舞うもの達とod-1


◆弟「仕事辞めたわ(事後)」俺「…は?」

もうその行動力にある意味感心するくらいしか僕にはできません。


GCの9thAl「メモリーズ」、12月リリースとな…。正式表記がカタカナなのも初めてでは。リリースペース速ぇな、嬉しいけど。くちびるにィッ!!(メモリーズ違い

前作は終盤のみ(笑)黒ガネの良盤だったが今回はどうであろう。先行シングルの感じではなかなかにバラエテーに富んだ感じになりそうではあるが。


◆もう色々と公私気を揉むことが多くて確定した連休に何処か旅にでも出てついでに厭世してしまいたいオレにタリピツかつ久々のバクオフ第六回。

『Lhasa』La'cryma Christi (‘98)
難度・D。そこそこある。

前回取り上げたシャムなどと同じく、確かな技術に裏打ちされたロックに野郎ファンも多かった(と思う)V系バンド・略称ラクリマのメジャー2nd。特にこれに関しては「With-you」「未来航路」という普通にいい曲なヒットシングルにダマされた方々も多かろう。笑

前半にポップな(まあ表題曲辺りから不穏な空気は漂うが)5曲、後半にマニアックな5曲を配したLPチックなアルバムのコンセプト。音楽についてアリガチなコダワリを持ち出したばかりの工房の頃の僕には、その構成自体が衝撃だった。そう。とにかく後半が素晴らしいのだ。スローパートとの対比がいかにもプログレな#6、Vっぽさを残しつつもリフが正統派HR(まぁあんな美声でKISS MY ASSとかシャウトされたら噴くしかないけど)な#7。次作『magic theatre』への片鱗も見えるオリエンタルな旋律が印象的な#8。ストリングスが超絶に美しいバラード#9から、このカオスなアルバムを締めるに相応しい7分超の大曲#10「zambara」への流れの圧倒的完成度。はい、おなかいっぱい。

シングルの印象で手に取ったファンを笑いながらなぶり殺す(それは違うバンド)作品。次作も大概に名盤ではあるが、やっぱ…この落差がね。いいのよね。白いくちづけをしたい。全裸の声を聞かせたい。名作です。

『VUCK-OFFF』#005 – SIAM SHADE『SIAM SHADE V』

◆不動産屋のチラシに載ってたキャラの名前が「マンソ君」。いや…言いたいことは分かるんだけどよ…。All relative to the size of your steeple。


◆非常に微妙な飛石連休。それでも悪友非悪友らと集って即席ワルプルギスの夜(にわか表現)。まぁ明日一日頑張ればまた休みです。なんとかしましょうぜ、皆のもの。


◆そんな休み終わり(?)のバクオフ第五回。

『SIAM SHADE V』SIAM SHADE(‘98)
難度・D。イージートゥファインド。

正直ブコフ名盤とどっちに挙げるか迷ったのだが、メジャーで5マンセルなVバンド(まぁそんな居ない気もするけど)に彼らの影響は多かれ少なかれ旧かれ新しかれ・あると考えているので、こちらに取り上げる。まぁ僕はヴィジュアル系という言葉に(ネタ的な意味以外では)偏見を持ってませんのでね。有名曲「1/3〜」を含む前作の『IV・zero』も捨てがたいけれど、「V」というテーマで述べるならば5。Vだけに。

正統派ヘヴィメタルへの色気を捨てきれない(特に終盤)4のトータルな完成度はそれはそれで愛しているが、5のどこか吹っ切れた感のあるV-ROCK加減が僕は好き。ドポップなシングル「グレイシャルLOVE」(c/wの「ブランコ」も佳曲」)「Dreams」の後に「NEVER END」をリリースする業や、もとより趣味全開のアルバム曲で、流行歌手としてではなくメタルプレイヤーとしての存在感を主張しまくっていた彼らのテクニック。パッと聴きキャンディソングでも、決して甘すぎず安っぽくならない、優れたリリック。それは僕らが中二的音楽嗜好から脱却し、健全なロックリスナーになるための、きっと踏み台であったのだ。当時も。翻って、今も。

そういう意味で(洋楽だと)MR.BIGなどが同位に居たりする人は割合多いと思うのだが、まぁそれはまた日を改めて。


◆彼ら、『VI』の頃にKGSM来てんだよな…あんな油の乗ってた頃にさ…。マセた同期が観に行ってたわ。まぁハイスクールの(僕の)身には色々無理だったろうけどもよ。今回ツアーとかあるのならば余裕でキル・ザ・親戚。

再結成、期待しています。


大切なのは足跡じゃない/今を踏みつける心に伝うその素足さ
♪「ブランコ」SIAM SHADE

『VUCK-OFFF』#004 - PIERROT『Private Enemy』

◆土曜の稲様レポは後日。しかし返す返すも素晴らしいリサイタルであった。Spthx悪友。

一方ラウパに参加したLA先輩はRATTを最前でシンガロンし、サイン会は逃すもすかさず(?)憧れのウォーレンデマルティーニとシェイクハンズしたらしい。(僕の頼んだ)HELLYEAHの丁シャツかっこいいね、などとのたまう。流石だぜ。

お互い興奮気味の電話を交わす深夜。俺はあなたが先輩でよかった。


◆そんな刹那さを込めて(?)バクオフ第四回。

『Private Enemy』PIERROT(‘00)
難度・C。あったりなかったり。

世紀末的ミレニアムに少年犯罪・生命倫理・人間の狂気・表現の自由などを割かし凝ったサウンドで表現し人気を博したインテリキチ×ガイV系、PIERROT。主なカリカチュアを担当wしていたVo.キリト様のイタさ(一応褒め言葉)が光っていた個人的絶頂期のメジャー2ndである。

原罪と救済を大きなテーマに、北の某国や鉤十字、宗教にストーカーの揶揄。極めつけは性善説の否定や神への断罪にまでその毒は及ぶ。「キレる17歳」などと理不尽なレッテルを貼られた僕たちのティーンエイジ・デイズ。まさしくそんな時代の生んだサウンドは、当事者の僕らにとって何よりも真実だった。「MASS GAME」「不謹慎な恋」「ゲルニカ」あたりは…今もよく聴くなぁ。


◆自主的休日出勤で監査に備える土日。だがそんな無償の徒労にも、以前感じたような閉塞感は微塵も無い。

毎週土曜だなんて。何らかが楽しみだなんてな。
なんてことだ。