筋肉少女帯『Future!』

◆あなたの声で聴きたくなかったはずの言葉だから、より刺さるのかなあ。雑感。

01. オーケントレイン
02. ディオネア・フューチャー
03. 人から箱男
04. サイコキラーズ・ラブ
05. ハニートラップの恋
06. 3歳の花嫁
07. エニグマ
08. 告白
09. 奇術師
10. わけあり物件
11. T2(タチムカウver.2)


#1「オーケントレイン」。かつて僕らを死人の惑星やら精神破壊の謎レールやらとろくでもない場所に運んできたシグネチャー列車の今回の行く先はなんと未来。なんと曖昧。なんとありきたり。しかしなんと心強い。珍しく(?)非メタルにカッチリ作り込まれた音像の疾走ロック#2、艮関連の兄弟曲的な味わいの#3ときて#4「サイコキラーズ・ラブ」−−筋少(のボニクラ系)ソングとしては収まりの良過ぎて逆に物足りない気すらする普通に名曲、というよりはいい曲が。そんなある意味"筋少の作品"という定位をズラされながら流れてくるのは筋少の良心・ウッチーのGS、#5「ハニートラップの恋」。安心する。前作の「枕投げ営業」といい「時は来た」といい、ホント毎回安心する。そしていかにもおいちゃんっぽい爽やかHR#6「3歳の花嫁」。死にゆく父が娘と結婚式、というトンデモ展開に噴く間も無くざっくり説明の省かれた小さな幸せにウムムと唸るしかない描写も流石ならばフラッシュにも噴いた。俺もイツァビュリホデー使うか割と直前まで迷った。懊悩。アーアー。これが生きるということか。

閑話休題。足元の気になるPV#7から今回個人的に最大の名曲、#8「告白」。今更彼から聞かなくともダメなファン故に知り尽くしている彼の人生観の独白の、しかし意外な結末が胸にキた。純ちゃんみたいなウッチーナゴムテクノの聴き処はあるけれど、これは僕の妄想より是非"普通"に歌詞を聴いてほしい。そう言えば今まで無かった気がするフーミン主体のインスト#9、やはりフーミンのクラシカルメタルコア(?)に乗せたザ・筋少的ペーソスが痛々しくも優しい#10「わけあり物件」。今回それぞれのコンポーザーの個性が濃くも幅広く発揮されており、20年振りの完全新作とはいえサウンド的には意外と紋切の筋少らしくない作品故、意外と初心者さんにもよかったりしないだろうかとは思ったが。しかしラストが初見殺しの#11「T2」。その20イヤーズも前、今ほど"筋少的"なモノが世間に受け容れられていなかった時代(だったからこそ)僕らの心をあんなにも抉った名曲の2とは。しかも「出る前に負けることを考えないテーマ曲」、とは。

インタビューにもあるがとてもポジティヴなバイブスの中で創られた作品のようで、それはそれで勿論素晴らしいのだがその光芒が眩し過ぎるきらいが。確かに今ようやく世間から評価され神となった貴方方だからこそ歌えるタチムカッタ後のバトルヒムズなのかもしれないけれども、そこは神と違って永久にわけありの僕らにとってそれは容易にガチレクイエムにもなり得る。未来はありますか。普通は探しに行けますか。一人一殺できますか。虫ですら殺しかねて自らを殺めかねない、そんな普通にすらなれない僕らでも。

ああ、だがしかし。ハエトリグサは別に虫を食わずとも生きていけるらしい。棘の中で包まれて育つ代替の未来がきっと僕らにも。未来が駄目なら来世でも。異議無し。

いけてないボーダーライン

どうして普通になれないのだろうという不能感が今もってやはりある。まあその普通は僕がそう思っているだけで他の人からどう思われるかは知らないが。自分を落として敵を作らぬようにやってきたはずだったのに、無駄なところだけいつも基準が高くて僕の生に水を差す。歯車の日々は肉体よりは精神を確実に削っていて、今まで騙し騙し見つけて愛しんできた欠片程のやり甲斐もついに見出せなくなった。そんな中届いた大好きなアーティストの新しいCDが何故か似たようなことを言っていた。どうして。あなたのような人さえもが。

その線は難易度G。なれないのなら、どうして。

惰生

新しく始めたゲームとアニメ。名残の友人。剥がれたマーチン。長崎の小旅行。謎の水月痛。三度目の正直。

もう力が出ない。

例えばそれが愛でもいいと思う

恐らく歯車と化してより最も業務に殺された加齢週。忙しいとは長いものを綴る気力が無くなることだとつくづく思った。

とはいえ餓鬼の頃以来の名入りのケーキ。友人の結婚式の受付で巡る想い。フォールアパートしたチェスター。最近口癖というか突込が似てきた。これが一年か。

another side of 17/06/18

一般(?)向け感想、以上。検索ウケを狙ってたまには真面目に書いてみますた。後は好きに語ります。笑
続きを読む >>