ゴールデンボンバー『ノーミュージック・ノーウエポン』

◆今更なのだがとても名盤であったので語りたいと思う。

01.ブッコロ
02.SHINE
03.欲望の歌
04.ローラの傷だらけ
05.愛を止めないで 〜I Love Me Don't Stop〜
06.101回目の呪い
07.片想いでいい
08.おはよ
09.Please!×3
10.死 ん だ 妻 に 似 て い る
11.好きだけじゃ足りなくて
12.世界平和
13.さよなら、さよなら、さよなら


マトモにアルバムを聴いたのは実は初めてだったのだが、「元カレ殺ス」や「†ザ・V系っぽい曲†」に見られるようなヴィジュアル系をネタにヴィジュアル系を再生産する諧謔は常々素晴らしいと思っていたし、もともと金爆にネガティブな印象はなかった。ただそんなことは正統派Vスキーさんがとっくに分析していらっしゃるであろうし、僕なんぞが今さらというアレだった。しかしこんな怪作を前にしてしまっては綴らざるを得ない。これはJ-POPスレスレに高品質なV-ROCKの皮を被った、vo-karu鬼龍院翔のセルフデストラクションブルースである、と。

無駄に豪華なオーケストレーション曲の#1に導かれ、ペンも剣も放たれる武装開戦疾走V曲#2。いやあ滾るな。普通にV系っぽいな。ブッコロ! シャイン! あいやシネ! シリアスながらどこか笑えてしまうユーモア、それは今回俺が最大の目的としていた#3「欲望の歌」で既に絶頂に達する。90後半'sV系あるあるを全部載せした名PVに負けぬ堂に入ったV歌唱で己の不具を高らかに叫ぶ荘厳なクラシカルメタルにはそのコンセプトの徹底振りに噴かざるを得ない。しかしVポップの紋切りのようなシングル#4「ローラの傷だらけ」もユーモアという意味では負けていない。かつてマシンガンズがJ-ROCKシーンで切り拓いた可能性を脈々と受け継いているとは言えまいか。シンセアレンジが非常にひと世代前トランシーなポップス#5は女々しくて的な観点で聴くとコンポーザーとしての才能の業を感じて辛いし、#6「101回目の呪い」なども本当に普通のいい曲だし。身代わりキリーさん、イケメンです。

全然片想いでよくない#7や社会の歯車の朝を歌う#8はそれこそGacktソロ(のライトサイド)のような爽やかなサウンドに反した怨念リリックに舌を巻く。とにかく目紛しい。V-ROCKが根底にあるとはいえなんか本当に目紛しい。常々ゴールデンボンバーのサウンドには(ガチな歌広さんが居るとはいえ)他にブレーンがいるのではないかと勘繰っているのだが、そうでないとしたら鬼龍院翔という人はきっと真摯な音楽好きなのであろうなどと。ていうか多分後者。#11の曲間にサックスソロというセンスは明らかに90年代ビーインガーしか持ち得ぬセンス。ああだからあのソロアルバム。得心。

閑話休題。#9、「Please!×3」…ここにきてとうとうザ・スミスである!!(違います) 自虐の王モリッシーばりにプリーズプリーズするネガティVの王子キリッシー、しかし彼の抱える暗黒の前には上辺1ミリの綺麗さすら手に入らず、不条理狂騒のネクロマンスソング#10からの落ちっぷりが凄い。好きな人の関心すら引けないのはどう考えても俺が悪い!死にたい!! という日陰者の初期装備ネガに帰結する人生。濁流のような音楽のF.O.をバックに、何もかもが消えて行く人生。ああ素晴らしく重い暗い。だがそれ故に美しい。笑えない自虐に愛が止まらない。

なんというかもっと基本は笑えるエンターテイメントに徹する…ネガはネガでもリア充から見た非リアのカリカチュアで世間にウケている方々なのだと思っていたが考えを改めた。祈りと同位の誤魔化し。治らない個性を開き直るからこそ、路が拓けることもある。再生を終え再生する彼の呪いは僕の、ぼくらの救いだ。だから僕はペンを持った。 シネ! あいやシャイン! 名作とキリショーに光あれ!

【告知#4】

二年と六ヶ月越しの三度目の異動、決まりました。
なんか早くね? そして近くね?
三つ目の干支が巡る年、今年度は色々ありそうです。




大 転 身




♪「The Right Stuff」Dead Or Alive

DOGYEAR DOGDAZER

無慈悲なまでに個人情報を晒す神の言葉は畏敬よりは苦笑を誘った。儀式は儀式としてこれが生きるということなのだろう。

卅年来のジモティが集まる新年会。デルタ。ガルパン。彼女。新築。僕らは遠くに来た振りが上手くなり、よく地続きの昨日を忘れてしまう。人口減が常の田舎町で必死に二次会の場所を探すと奇しくも廿年前の学舎の近隣。HELLO AGAIN、昔からある場所。よくある場末たカラオケスナックでもやはりアラフォーは異形と見え愛を以って煽られたが、ダメな俺が覚醒し78年紅白(隠語)。まあいいじゃない。みんな楽しんでるしいいじゃない。珍しく管を巻く一人を総出で慰めながら、日が変わる頃にはめいめいがそれぞれの明日に足を向ける。友よ、また。

寒さに強く暑さに弱い僕とは逆なんだが、そんな年のそんな季節には目覚めているであろうきみへ。灼かれかねない陽射しに負けないことばを贈りたい。

俺アワード2017

◆29で〆ったのも、公私共に忘年会をしなかったのも、云年振りではなかろうか。


◆まぁ個人的にもコレ書かないと〆らないので書きます。(私信

はてさて、押し迫ってまいりましたね。今年も色々ありました。ガンズ演ったり。上様観れたり。血がヤバかったり。まぁ良いことも悪いことも今年はプラスに傾く方向でなんとかなった。というワケで(?)毎年恒例、腐った好みの音楽好きの指標を示す(?)俺アワードの季節ですね。17’発表の音楽作品の…まぁ五枚をば。なんか去年と構成同じだがチェケラ。


人間椅子『異次元からの咆哮』
彼らにしてはここ何作か続いているように思うカラッとした作風。いや、いいんだけども。そんな中ロックものの消えぬ懊悩を叩きつけるオーラスの「異端者の悲しみ」は流石。


筋肉少女帯『Future!』
うーむ、安定に次ぐ安定。曲は。テーマの異様なポジティヴさにはやや首を傾げなくもないが、「告白」に見える一条の救い。俺は大槻ケンヂが居るから生きていけます。(信者


LUNA SEA『LUV』
タイトルだけにすわ隆様再覚醒?という予感もあったがんなこたあなく。小野瀬さん節の冴える「LIMIT」然り何処かBT感のある井上さんのHYD然り…まあ王道の再結成後ルナシー。お杉さんのロマネスク全開な「闇火」がオールドファンには白眉。


安野希世乃『涙。』
カナメさんの中の人。声優としてはもう押しも押されもせぬ方なのだろうが、真っ直ぐで良い声の印象そのままのステキポップスアルバム。ライブでは虹クマとか奥井神のWCとか歌ってるらしいあなたは神か。「涙目爆発音」と同じ堂島孝平氏の手による小気味好いポップロック「悲劇なんて大キライ」が異様にカナメ的で悲劇メッサー。(空耳


JUNNA『Vai! Ya! Vai!』
ギンヌさんの中の人。表題曲と「火遊び」のハイブリッド歌謡曲感がとにかくインパクト大で逆に普通(という言い方もアレだが)の曲が浮くくらい。しかし名曲ワルとま収録のダイクレカバーも然りだが、この十代の歌姫の声から溢れ出るカルマは何なのだろうかね。百恵ちゃんばりの生体フォールド波を感じるよ。劇場のワルキューレは何があっても初日に観に行くかんね。(開直
続きを読む >>

50 Songs O' Mine 2017

今年俺の心を彩った50曲。俺アワード2017への布石です。無論今年のじゃないのもあり。 無論順不同敬称略でございます。チェケ。




--------
01. Bait Me (Envaguvi) - Zero Degree Atoll

02. 落とし穴の底はこんな世界 - 摩天楼オペラ

03. N・p・s N・g・s 〜No pains No gains〜(N-type) - MALICE MIZER

04. Head Crusher - Megadeth

05. 難破船 - 中森明菜

06. #CDが売れないこんな世の中じゃ - ゴールデンボンバー

07. 銀ちゃんのラブレター - Pizzicato Five

08. Nimble Bastard - Incubus

09. 孔雀忍法帖 - 陰陽座

10. ジョジョ 〜その血の運命〜 - 富永TOMMY弘明

11. ありふれた人生 - スピッツ

12. Darling Nikki - Prince

13. Teenage Thunder - Sigue Sigue Sputnik

14. Feuer Frei! - Rammstein

15. Rever's Edge - 光宗信吉

16. Cut-Rate - Prong

17. はなまるぴっぴはよいこだけ - A応P

18. Dears - Gackt

19. Silverwing - Arch Enemy

20. フキアレナサイ - B'z

21. TSUKI NO SHIHAI- Naoki Hashimoto

22. Seamless - Jasmine Rodgers

23. Lights - Hurts

24. イマココカラ - モーニング娘。’15

25. Heaven - Depeche Mode

26. ゴ〜〜ジャス - シェリル・ノーム starring May’n

27. Vai! Ya! Vai! - JUNNA

28. Suikiyaki - Marlena Shaw

29. Pepsi Man - James & Gang

30. Polyester môme - Pleymo

31. CRAZY A GO GO! - 及川光博

32. Forevermore - 宇多田ヒカル

33. 戸惑いトレイン - 安野希世乃

34. The Wicker Man - Iron Maiden

35. Remember The Time - Micheal Jackson

36. Breathing Space - Pet Shop Boys

37. 183の日本トレビアンROCK'N ROLL - 内田裕也と183ファミリーバンド

38. 恋の季節 - ピンキーとキラーズ

39. 奇蹟 - Nona Reeves

40. 闇火 - LUNA SEA

41. TRY AGAIN - FIRE BOMBER

42. アルブスの少女 - Gacharic Spin

43. ヨシ子さん - 桑田佳祐

44. Breaking The Habit - Linkin Park (R.I.P.)

45. 異端者の悲しみ - 人間椅子

46. 危い土曜日 - キャンディーズ

47. Sleeping Fish - WANDS

48. アンダルシアに憧れて - 上杉昇

49. ワルキューレがとまらない - ワルキューレ

50. 告白 - 筋肉少女帯
--------
続きを読む >>